Nest+Visual

LAB

バーチャル展示会

VIRTUAL EXHIBITION

新型コロナ禍で、バーチャル展示会、オンラインイベントのお問い合わせが増えています。

新型コロナ禍で、我々の生活は大きく変化を余儀なくされ、新しい生活様式の実践に日々困惑している最中です。
仕事においては、リアルのイベントに制限がかかり、その後もたびたび襲ってくるであろうコロナの波に控えて、オンラインやバーチャルへの転換を考えている企業が多いようで、弊社へのお問い合わせも増えております。

既存のオンラインやバーチャルな施策よりも多くの機能を望まれ、Live性、双方向性を重視しているクライアント様が増えています。

The novel coronavirus has forced us to make changes to our lives in major ways, and we are in the midst of a daily bewilderment when it comes to implementing our new lifestyles.
We have seen an increase in the number of companies reaching out to us for online and virtual solutions in anticipation of the corona wave that will limit their oppotunities to host real in-person events.

例えば、下記のような機能を多くの企業が求めています。今までリアルの補完的な役割をしていたものから、メインの施策として活用でき、なおかつカスタマイズ性をもたせ、長期間使える施策を望まれています。

バーチャル展示会

  • 1.

    電子招待状の送付

  • 2.

    社長のプレス発表
    →アバターが一堂に会して視聴できる。

  • 3.

    エリア内で、様々な商品およびサービスを閲覧できる
    →マーカーとなるポスターなどをクリックすると、商品データがポップアップされたり、動画を見ることができる。

  • 4.

    新商品発表エリア
    →バーチャル営業マンとのチャット機能つき
    →3DCGの商品データをいろんな角度で見れたり、内部構造がわかるようにワープすることができる

  • 5.

    VIPルーム→パスワード機能
    →実際の営業マンがTV会議システムを使って対応する(マンツーマン対応)
    →お客様のデスクトップ上で、3Dデータを共有、説明できるシステム

  • 6.

    アフターParty(懇親会) 
    →来場者と営業マンがzoom飲みのように繋がる

  • 7

    行動解析
    →空間内での行動、滞在時間など、マーケティングデータとして解析できる

バーチャル展示会の舞台に対しても、
完成度の高さを求められます。

キーワードは、Live性と双方向性

リアルが戻るまで、各企業の悩みは続きますが、そのニーズを敏感に察知しながら、完成度の高い映像表現とクライアント様のニーズに対応した開発によって、新しい生活様式に合わせて、コンテンツの開発に勤しんでいきたいと考えております。

まずはご相談から気軽にお声がけください

ENGINEER PROGRAMMER

ネストビジュアルでは、様々な新しいコンテンツの開発に力を注いでいます。
こちらから開発者blogをご覧いただけます。